課外活動

Tottori fall 2015.jpg
Here are the fall 2015 students on an excursion to Tottori!

日本の文化の授業のため基本的に水曜日に課外活動 に参加することになっています。その課外活動は文化の授業のテームと関係があります。その課外活動は遠くなく楽しみながら調査する課外活動です。後でよく 作文を書いて授業中に討論して面白い意見が出ます。ユニークな経験がよくできるのでとても大切な活動だと思われています。年によって変わるかもしれないが 下記に例が書いてあります。

吉祥寺

ICUに近くて大きい町なのでここで色々な課外活 動があります。日本の小さい店を見つけるため吉祥寺の古くてせまい道を歩きます。色々面白いところがあるのでみんなで楽しむ課外活動があります。日本の資 本主義社会がよく見られるので広告を調べるためにも行く課外活動があります。課外活動以外もよく行くことになるかもしれません。

韓国タウン

新大久保という町には韓国タウンという所があるので外国の文化も経験できます。そこで韓国の料理と韓流ブームも見られるので面白いです。知らなかったら自分で見つけられないかもしれないので案内してもらったほうがいいです。

米の値段

この課外活動ではみんなが別かれて自分の新しい場所に行って米の値段を調べました。自分で行っても授業でさせられているので特別でユニークな経験ができたらいいです。

防災館

学期の最後に時間が増えるのでもっと大きい課外活 動に行けるようになります。防災館というのは災害のじゅんびのため災害が体験できる場所です。しかし本当の災害ではないので楽しいです。地震を体験できる のは特別な体験だと思われている。それで地震が起こると何をした方がいいか分かるようになったらいいです。

高尾山

ICUに近くて行きやすくて登りやすい山なので一緒に登りたいと思っていました。そこで楽しんで色々な神社とお寺のような所があるので面白かったです。富士山も見えたり自然で遊んだりできるのでみんなで行くと楽しいです。

武蔵境駅

これはICUに一番近い駅だからよく行きます。授業のための課外活動はたためるグッズをさがす課外活動でした。

留 学している間に、大きな旅行があって色々な日本の文化を経験しました。初めに、九月に日本の政府がどのように農場を守っているのか調べるために、米の農場 に行って米の刈り入れのし方を習いました。その旅行は日帰りだったけど日本の社会の中で米は大切な財貨だから、習った方がいいと思います。ただ、お米のこ とについて学ぶためだけじゃなくて、米を切る時クラスメートと思い出を作りました。

次 に、十月の週末に京都に行きました。東京から京都まで新幹線に乗ってホテルに泊まりました。土曜日に、金閣寺を見たり、そのお寺で茶道を見たり、お茶を飲 んだり、おみくじを買ったりしました。金閣寺の後で、清水寺を訪ねました。金閣寺できれいな景観と紅葉を見たり、和食を食べたり、寺域を歩いたりしました。夜、一緒に伝統の料理を食べました。日曜日、予定がないから最終の新幹線まで何をしてもよかったです。だから、二条城という将軍が住んでいたお城や錦市場や伏見稲荷大社に行きました。
また、鳥取県とバーモントの関係のために、学生一人と先生が木曜日の夜から日曜日まで鳥取県に行きました。鳥取県では、ある大学を訪ねて敬語で鳥取の代表の人と話しました。そして、モモンガと環境を研究したり、大きくて有名な狭山を見たり、タコのアイスを食べたりしました。
留学生にとって、日本には色々な面白くて楽しい文化があるから東京の外への旅行は大切だと思います。